• 企業の”ありたい姿”の実現に向けて、全力でご支援します!事業計画策定、経営戦略策定、マーケティング・販売戦略強化、人材育成、人事制度設計など、まずはご相談ください!

    人生の方程式

    サマリー

     稲森和夫氏の生み出した京セラフィロソフィー。稲森氏がその根幹を成すものと言っても過言ではないと述べているのが

    「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」

    という人生の方程式です。

     私は個人的にこの京セラフィロソフィーに大きな感銘を受けています。仕事をしていれば悩んだり行き詰ることも沢山ありますが、その度にこの人生の方程式を思い返し、より高みを目指して心を鼓舞しています。

    考え方1つで結果はプラスにもマイナスにもなる

    人生の方程式

     人生は考え方・熱意・能力の3つの変数の掛け算で決まるとしています。そし熱意・能力は0~100点まであり、考え方は-100~100点まであります。

    能力

     人に生まれつき頭が良い、健康である、運動神経が良いなど先天的に与えられた能力があります。能力には0~100点まであり、この生まれ持った能力の質や高さが人生・仕事の結果に影響を与えます。持って生まれた才能、と言い換えることもできましょう。小さな幼児であっても、足の速い子もいれば手先の器用な子もいるように、人間には持って生まれた得手不得手が存在します。そのため能力とは基本的に変化しない確定値としています。

    熱意

     熱意とは努力と言い換えられ、これも0~100点まであります。人生や仕事に対して熱い情熱を抱き、一生懸命努力する人を100点とすると、やる気がなく、無気力で努力しない人は0点となります。

     稲森氏は「誰にも負けない努力をすること」の大切さを説いています。能力と違い熱意は自分の意志で決めることができます。能力がそれほど高くなくとも、情熱を持って努力すれば素晴らしい結果を生み出すことになります。

    考え方

     そして最後に考え方という要素がかかってきます。考え方とは、理念や思想、哲学、あるいは正しい心、と言い換えることができます。そして考え方は-100~100点まで分布します。これがこの方程式の最大の特徴です。つまり、考え方がプラスであれば掛け算によって結果はプラスになり、考え方がマイナスであれば、熱意や能力がどんなに高くても結果は大きなマイナスになるということです。

     人生の方程式でもっともすぐれた結果に繋がるのは、能力100、熱意100、考え方100のときです。しかし能力と熱意が100でも、考え方が-100であれば、結果は最悪なものとなる、ということを表しています。

     稲森氏がJALを再生させたときの回想で次のようなことを述べておられました。

    「日本を代表する航空会社として、幹部社員は皆、高い能力を持つ非常にエリート意識の高い人たちばかりだった。学歴も高く、礼儀正しく見えるけれども、実は慇懃無礼で努力の大切さや人間として正しい考え方など、気にも留めていませんでした。そして才覚だけを備えた人間が大きな権力を握り、人として大事なことをないがしろにしてしまった。そのような組織がお客様を大切にするはずがありません。そのために日本航空は巨額の負債を抱えて経営破綻してしまいました」

     能力が高ければ高いほど、考え方を間違うと大転落の道を歩んでしまう、ということを述べています。このように、結果というものは考え方1つでプラスにもマイナスにもなる最重要要素となっています。

     では良い考え方とは何でしょうか、稲森氏は次のように述べています。

    「常に前向きで建設的であること。協調性を持っていること。明るいこと。肯定的であること。善意に満ちていること。思いやりがあって優しいこと。まじめで、正直で、謙虚で、努力家であること。利己的でなく強欲でないこと。足るを知ること。そして感謝の心を持っていること」

     このような基本的な道徳観に基づく考え方が「良い考え方」としています。日本では宗教の自由、思想の自由が保障されています。どのような考え方を持つのも自由ですし、法に触れない限りどのような仕事をするのも自由です。しかしその中で結果に大きな違いが生まれるのは、基本的な考え方の違いによるものではないでしょうか。

     仕事で結果を残すのも、自分の人生をより豊かなものにするのも、考え方1つということを肝に念じ、仕事に人生にチャレンジし続けたいものです。

     


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です