• 中小企業の"永続可能な組織への変革”に特化した、変革プロセスコンサルティング。組織メンバーが主体性を発揮し、革新と改善を生み出し続けるチームへの変革をサポートします。
    適正要員数の算定

    適正要員数の算定

    適正要員数とは  適正要員数とは、経営計画を達成するために必要な人員数のことを指します。総額人件費は企業が負担する費用の中でも多くの割合を占めています。要員数管理はそのまま企業の業績に直結することが多く、要員数管理がいい …

    続きを読む


    人件費の変動費化

     人件費の変動費化とは、人件費を売り上げや業績に連動させることを指します。本記事では、人件費の変動費化が必要な理由とその方法について解説します。 人件費の変動費化が必要な理由 不況・不確実性の高い環境下での強い収益体質の …

    続きを読む


    許容総額人件費の把握方式

     事業を健全に回していくための適正な総額人件費である「許容総額人件費」の把握方式について解説致します。 ※許容総額人件費を把握するメリット等の詳しい解説はこちらの記事をご参照ください。 付加価値基準方式  付加価値基準方 …

    続きを読む


    総額人件費管理の必要性

    許容総額人件費管理の必要性

    許容総額人件費管理とは 総額人件費とは   総額人件費とは、会社が社員を雇用するために支出している費用の総額を表します。その内訳は、基本給・諸手当・賞与等の現金給与と、退職金・法定福利費・法定外福利費・採用教育訓練費等の …

    続きを読む


    サンクコスト

    サンクコスト(埋没費用)と経営判断

    サンクコストとは  サンクコストとは埋没コストと訳され、「既に支出され、その後どのような意思決定をしても回収できない費用」を意味します。  事業運営におけるあらゆる投資は、それによって得られる効用を期待して行われます。し …

    続きを読む


    「現状把握」を行う目的

    現状把握の目的  現状把握の目的は、現状とありたい姿との「ギャップ」を明らかにし、そのギャップを克服するための「課題」を明確にすることです。目標と課題が明確になることで、目標を達成するための計画を立てることが出来るように …

    続きを読む


    売上構成比率(プロダクトミックス)の改善で、粗利を増やす

    プロダクトミックスの改善   商品別・顧客別の粗利率と売上構成比を把握する事で、重点商品・顧客の選定と粗利の増加が期待できます。  粗利率の高い商品・顧客の全体売上に占める割合が大きくなれば、会社全体の粗利率が向上します …

    続きを読む


    未来の"資金の流れ"を予測する

    未来の”資金の流れ”を予測する

     資金繰り表を作成することで、将来の収支の見通しが立てられるようになります。 ※資金繰り管理のメリットは「おカネの流れ」を見える化する資金繰り管理をご参照ください。 ※資金繰り表のフォーマットは資金繰り表 をご参照くださ …

    続きを読む


    資金繰り表

    資金繰り表の構成要素 ※事前に次の記事をお読み頂くと、よりご理解が深まります:「おカネの流れ」を見える化する資金繰り管理  資金繰り表は、次の項目から構成されます。 項目 要素 前月繰越 資金の前月末残高 経常収支 収入 …

    続きを読む


    「おカネの流れ」を見える化する資金繰り管理

    資金繰りとは  資金繰り管理は、会社の血流ともいえる「資金」に関する大変重要な業務です。金融機関からの円滑な資金調達や関係構築のためにも、中小企業では資金繰り予測を正確に行い、経営状況に応じた早めの対策を取れるようにして …

    続きを読む