• 中小企業の"永続可能な組織への変革”に特化した、変革プロセスコンサルティング。組織メンバーが主体性を発揮し、革新と改善を生み出し続けるチームへの変革をサポートします。
    平均値と標準偏差

    平均値と標準偏差

     分析のオーソドックスな代表値として活用される平均値。月別売上平均、店舗別の平均来店客数、平均不良発生回数など、様々な活用がなされています。  しかし平均値の使い方には注意点が必要です。この注意点を抑えておかないとデータ …

    続きを読む


    デシル分析

    デシル分析とは  デシル分析とは、顧客を購買金額順に10等分してランク分けし、購買傾向を分析する手法です。デシル分析を行う目的は次の通りです。 ・ランクアップマーケティングへの活用 ・DMや掘り起こし等の販促投資費用対効 …

    続きを読む


    RFM分析:顧客をランク分けし適切な対策を打つ

    RFM分析:顧客をランク分けし適切な対策を打つ

    RFM分析とは  RFM分析は顧客分析の1つ。Recency(最終購買日)、Frequency(購買頻度)、Monetary(累計購買金額)の3軸を組み合わせて顧客をグルーピングし、適切な施策を打ち出していく手法です。 …

    続きを読む


    債務償還年数

    債務償還年数

    債務償還年数とは  借入金は企業が発展するうえで有効に活用したいお金ですが、借入金への依存度が高まると経営リスクが高まることになります。  資金調達を行う際に金融機関が融資を判断する項目として、 ①お金の使用使途 ②返済 …

    続きを読む


    売上高増減要因の深掘り

    売上高増減要因の深掘り

    売上高増加率  売上高増加率とは、前年に比べていくら売上高が増加しているかを測る指標です。算式は次の通りです。 売上高増加率=(売上高―前期売上高)÷前期売上高  売上高増加率がマイナスとなっていれば、次のような原因が考 …

    続きを読む


    賃率生産性倍率

    賃率生産性倍率

    賃率生産性倍率とは  賃率生産性倍率とは、人件費に対して何倍の付加価値額を生み出しているかを把握する生産性指標です。 賃率生産性倍率=付加価値/人件費  賃率生産性倍率は、「人材の金銭的価値」に対して「付加価値」がどの程 …

    続きを読む


    部門別採算:費用配賦ルールの見直し

    部門別採算:費用配賦ルールの見直し

    部門別採算は、設計ルールや運用方法を間違えると組織をダメにする  部門別採算管理制度において時々見受けられるのが、費用配賦のルールが経営実態を表しておらず、部門別採算管理制度の目的である「適切な意思決定」「人材育成」「業 …

    続きを読む


    ABC分析と活用方法

    ABC分析とは  ABC分析とは、いくつかの起きた事象について現れる頻度によって分類し、管理効率を高める分析手法です。  「80:20の法則」という言葉をお聞きになったことがある方も多いと思います。物事は平均的ではなく偏 …

    続きを読む


    売上推移のトレンドを見る移動合計

    売上推移のトレンドを見る移動合計

    売上分析の落とし穴  月別売り上げには通常季節変動があります。そのため、そのままそれをグラフ化しても、業績が向上しているか悪化しているかの判断が難しくなります。  下図は1年の月次数量・単価の推移を表したグラフです。ある …

    続きを読む


    組織目標から個人目標へのブレイクダウン

    組織目標から個人目標へのブレイクダウン

    組織目標から個人目標へのブレイクダウン  組織目標を個人目標へブレイクダウンすることで、納得感の高い個人目標設定を行うことができます。その際、 ・部門や課同士の横の繋がり ・上の階層と下の階層の縦の繋がり  が明確になっ …

    続きを読む